image

上野千鶴子さんの「おひとり様の最後」が売れているようだ。本日の時点でアマゾンで在庫切れになっている。僕はまだ読んでいないが、内容は在宅ひとり死を可能にする為に多方面に取材して研究した内容らしい。だが、当たり前に思えるが現実は本の様にはいかない。アマゾンのカスタマーレビューのうち「それは、いま自分が健康で、死にゆく人に昼夜寄り添ったことがない人の空想だ。」とする、ロビーナさんのレビューが秀逸である。
よろしければぜひ読んでいただきたい。